絶対に食べたいチーズランキング

チーズランキング

 

当サイトでご紹介している数あるチーズの中から、「これだけは絶対に食べてほしい!」というこだわりチーズをランキング形式にしました!!

 

◇◆第1位◆◇ ブリ・ド・モー(白カビチーズ)


チーズの王様」と呼ばれるにふさわしい美味しさと、感動があるチーズです!!

チーズ初心者さんはその美味しさに驚き、上級者さんもその深みのある味わいに納得すること間違いなしです!!

冷蔵庫から出してトロトロッ…としてきたら、ただスプーンですくってそのまま食べてみて下さい。

その食感、味、香り…至福の時を味わえますよ(*´▽`*)♪

普段からナチュラルチーズを食べる習慣のない方には白カビチーズは敬遠されがちですが、その美味しさを覚えたらやめられなくなっちゃいます!!

ぜひ一度は食べていただきたい、おすすめチーズです♪

 

チーズ専門店のブリ・ド・モー

 

 

<ブリ・ド・モーにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第2位◆◇ ロックフォール(青カビチーズ)


世界三大ブルーチーズの一つ、ロックフォール!!

ブルーチーズと言えばゴルゴンゾーラが有名ですが、世界のチーズ好きから絶賛される美味しさを秘めているのがこのロックフォールなんです!!

羊乳から作られているので独特の甘みと風味があり、クリーミーなんですけどブルーチーズ特有の塩味もしっかりある。

このチーズを食べる時には必ず!ハチミツをご準備の上、お召し上がりください

塩味と甘みが口の中で…いや、もう本当に言葉にできないくらい美味しいですから!!笑

 

チーズ専門店のロックフォール

 

<ロックフォールにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第3位◆◇ エポワス(ウォッシュチーズ)

個性的なチーズが揃うウォッシュチーズの中でも、その強烈な個性で一際輝くエポワス。

ウォッシュチーズとは、熟成の段階でワインやお酒で表面を洗って作られるチーズの総称で、独特の香り、粘り気があるのが魅力!!

チーズ初心者さんには敬遠されがちですが、臆せずチャレンジすれば…虜になっちゃうかもしれませんよ( *´艸`)♡

ここは迷わず、赤ワインをご準備の上、一緒に召し上がって下さい。

完熟したエポワスは本当にトロトロで、今までにない食感、味わいが楽しめますよ!!

 

チーズ専門店のエポワス

 

<エポワスにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第4位◆◇ パルミジャーノ・レッジャーノ(ハードチーズ)

イタリアチーズの王様」と呼び声高い、イタリアで最も人気のあるチーズ。

ハードタイプのチーズでとても固く、専用のチーズナイフを使って砕いていただきます。

熟成が進む程にアミノ酸のジャリジャリとした旨味が感じられるようになり、その味わいは忘れられないくらいに濃厚

赤ワイン、もしくは日本酒と一緒におしゃれにいただきたいチーズです(*´▽`*)♡

また、パルミジャーノ・レッジャーノを使ったリゾットは絶品ですよ!!

 

⇒ チーズ専門店のパルミジャーノ・レッジャーノ

 

<パルミジャーノ・レッジャーノにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第5位◆◇ モッツァレラ・ブーファラ(フレッシュチーズ)

日本人にも馴染みの深いモッツァレラチーズ。

通常のモッツァレラチーズは牛のミルクから作られる「モッツァレラ・バッカ」というチーズで、こちらは水牛から作られるモッツァレラチーズなんです!

通常のモッツァレラに比べ、弾力のある食感と、ミルクの甘みがしっかりと味わえるのが魅力です。

一度食べたら、普通のモッツァレラでは物足りなくなってしまう程の美味しさ( *´艸`)♡

熱を加えても美味しくいただけるチーズですが、まずはそのままで、贅沢でミルキーな味わいを楽しんで下さい!

 

チーズ専門店のモッツァレラ・ブーファラ

 

 

<モッツァレラ・ブーファラにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第6位◆◇ クロタン・ド・シャヴィニョル(シェーブルチーズ)

コロンとした形が可愛らしい、山羊乳で作られたチーズです。

山羊乳から作られるチーズは独特の風味があり、日本人には敬遠されがちな面もありますが、その風味を一度味わって忘れられず、ファンになる人も多いチーズです。

若いクロタン・ド・シャヴィニョルは爽やかな酸味が特徴で、熟成が進むにつれて表皮をカビが覆い、ホクホクとした栗のような食感になります。

合わせるワインは、同郷のサンセールワインがオススメです(*^-^*)♪

若いものなら白、熟成が進むにつれてロゼ、赤を合わせるとベストマッチです!

 

チーズ専門店のクロタン・ド・シャヴィニョル

 

 

<クロタン・ド・シャヴニョルにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第7位◆◇ ゴーダブラック(セミハードチーズ)

日本人に身近なチーズの一つ、ゴーダチーズ。

私たちが普段よく食べるプロセスチーズの原料になることも多く、クセがないので誰からも愛されるチーズです。

熟成の若いもの程クセがなく食べやすいのですが、あえて食べていただきたいのが長期熟成のゴーダチーズ!

こちらは18ヶ月熟成のもので、ゴーダは通常黄色いワックスコーティングがされていますが、熟成の長いものは黒いワックスコーティングがしてあり、ゴーダブラック、ブラックゴーダなどと呼ばれます。

キャラメルにも似た風味と、アミノ酸の結晶が点在する濃厚な旨味…たまりませんよっ(*ノωノ)笑

フルボディの赤ワイン、力強い日本酒、ウイスキーなどと一緒にどうぞ!

 

チーズ専門店のゴーダブラック

 

 

<ゴーダブラックにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

 

◇◆第8位◆◇ ペコリーノ・ロマーノ(ハードチーズ)

イタリア生まれの古い歴史を持つチーズ、ペコリーノ・ロマーノ。

古代ローマ時代に、長期保存が可能なチーズを作る目的で出来たチーズと言われています。

その頃の名残もあり、ペコリーノ・ロマーノの最大の特徴はその塩辛さ!

調味料として使える程しっかりとした塩味で、お酒のおつまみにも最適です(*^-^*)♪

お酒は力強い赤ワインやウイスキーなどアルコールがしっかりめのものと相性が良く、日本酒や泡盛なんかとも合っちゃいます!

お料理にも大活躍のチーズで、本場のカルボナーラには欠かせないチーズです。

 

チーズ専門店のペコリーノ・ロマーノ

 

 

<ペコリーノ・ロマーノにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

 

◇◆第9位◆◇ サンタンドレ(白カビチーズ)

サンタンドレはふわっふわの白カビに覆われた、フランスのチーズです。

元々はアメリカへの輸出用に作られたチーズのため、アメリカでも高い人気を誇ります。

サンタンドレの魅力は、何といってもそのクリーミーさ!

生クリームを加えて作られるため乳脂肪分が高く、バターのようなコク滑らかな舌触りがもう…たまりませんっ( *´艸`)♡

フルーツと一緒にいただくと至福のデザートタイムが味わえ、トーストにバターのように塗っても絶品です!

アルコールならスパーリングワインやシャンパン、ノンアルコールなら紅茶やコーヒーとどうぞ♪

 

チーズ専門店のサンタンドレ

 

 

<サンタンドレにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓

 

◇◆第10位◆◇ ミモレット(ハードチーズ)

ミモレットは鮮やかなオレンジ色が印象的な、フランスのチーズ。

このオレンジ色は、アナトー色素(ベニノキ色素)から来ているもので、製造過程でこの色が付くというわけではなく、あくまでも美味しそうな色のために色素を入れているとのこと。

サラダに加えたり、他のチーズと並べた時にも色彩が鮮やかで目にも楽しい食卓になります(*^-^*)

熟成が2~6ヶ月の若いものも美味しくいただけますが、日本では18ヶ月以上熟成した濃厚なミモレットが人気!

まるでカラスミのような風味と味で、日本酒や焼酎とベストマッチなんですよ( *´艸`)♡

 

チーズ専門店のミモレット

 

<ミモレットにおすすめの飲み物はコチラ♪>
↓↓↓