食べやすいブルーチーズはどれ?5種を食べやすさでランキング

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba

5種類のブルーチーズを、食べやすさでランキングにしました!ブルーチーズを選ぶ際の参考にしてみて下さいね(*´▽`*)♪

ブルーチーズを食べやすさでランキング!

食べやすいブルーチーズが知りたい!

ブルーチーズ好きな方はドンドンいろいろなブルーチーズを試していただきたいのですが、ブルーチーズを食べたことがなかったり、何かの機会でちょっと食べて気になっている…という方は、どのブルーチーズから食べれば良いか迷いますよね。

 

ブルーチーズは様々な種類があり、青かび特有の風味が強いもの、穏やかなものが分かれます。

 

そこで、ここではブルーチーズの食べやすさを基準に、5つのブルーチーズをご紹介したいと思います。

 

自分の好みに合わせて、ブルーチーズを選んでみて下さいね(*^-^*)♪

 

※ここで言う「食べやすさ」は、一般に言われる青かびのクセが強い・弱いに加え、サイト管理人が食べた感想を元にランキングしています。人によって感じ方が違う場合もあるので、その点はご了承下さいませ。

 

スポンサーリンク



 

 

ブルーチーズの食べやすさランキング!

食べやすさ第1位:ゴルゴンゾーラ(ドルチェ)

青かびチーズの中でも、私たち日本人に最も馴染み深いのがこのゴルゴンゾーラではないでしょうか。

 

しかし、ゴルゴンゾーラには2種類あるのをご存知ですか?

 

ドルチェという青かび少な目、刺激控えめな食べやすいゴルゴンゾーラと、ピカンテと呼ばれる青かび強めでピリリッとした刺激が特徴のものがあるんです。

 

そして日本で一般的にゴルゴンゾーラと呼ばれるのは、ドルチェの方であることが多いですね。

 

ブルーチーズが苦手という人が多い日本でも人気が高く、それだけ食べやすく、美味しいということなんですね(*´▽`*)♪

 

見た目にも分かるように青かびは少なめで、塩味もブルーチーズの中では控えめでほのかな甘みがあります。

 

そのまま、もしくはハチミツやフルーツと共にいただくと、更に食べやすくなりますよ♪

 

チーズ初心者さんにまずオススメしたい、ブルーチーズ入門にぴったりのチーズです!

 

ゴルゴンゾーラ(ドルチェ)の詳細を見てみる

 

 

 

食べやすさ第2位:フルム・ダンベール

「高貴なブルーチーズ」と呼ばれる程、上品な味わいで知られるのがこのフルム・ダンベール

 

見た目はしっかりと青かびが入っているので、クセが強いのでは…と思われがちなのですが、意外や意外、食べてみるとクリーミーな味わいと程良い青かびの風味が広がります!

 

ミルクの甘味も感じられるマイルドなブルーチーズとして知られていて、人によってはゴルゴンゾーラ(ドルチェ)よりもクセがなく、食べやすい!という人もいる程です。

 

また青かびの刺激、塩分は控えめですが、ブルーチーズ特有の風味はしっかりと感じられるので、ブルーチーズ初心者からブルーチーズ大好きさんまで納得の美味しさです(*^-^*)♪

 

そのままで食べるも良し、パンとの相性が良いので乗せて食べるのもおすすめ。

 

初ブルーチーズにもオススメ出来る、バランスの取れたチーズです!

 

フルム・ダンベールの詳細を見てみる

 

 

食べやすさ第3位:スティルトン

スティルトンはイギリスのチーズで、ゴルゴンゾーラ、ロックフォールと共に世界三大チーズの一つとして有名です。

 

味の特徴は、濃厚なコクと青かびのシャープさ、ナッツのような風味、そして少しのほろ苦さ

 

これだけ聞くとさぞかしクセが強いチーズなんだろう…と感じますが、実はブルーチーズの中でも風味は穏やかで、食べやすいチーズなんです。

 

一度ハマるとクセになる味わいで、ブルーチーズに少し慣れて来たな…という中級者さんにオススメです!

 

初めて食べる方は、カマンベールチーズや無塩バターと合わせるとグッと食べやすくなりますよ(*^-^*)♪

 

そのままでも、パスタやリゾットに使っても美味しい優秀チーズさんです。

 

スティルトンの詳細を見てみる

 

 

食べやすさ第4位:ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)

辛口で、シャープな青かびの刺激が特徴的なゴルゴンゾーラ・ピカンテ。

 

ブルーチーズの中では食べやすいと言われるゴルゴンゾーラですが、ピカンテの刺激的な味わいは初めての人だと驚くかもしれません(;´∀`)

 

青かび特有の香りも強めで、この香りが苦手な人には食べた後しばらくは近づかない方が良さそうです…笑

 

しかしながら、ブルーチーズが好きな方にはたまらない香りと味わいで、本当にクセになるんですよね~(*ノωノ)

 

ドルチェに比べてピカンテはお料理に向いていると言われるので、リゾットやパスタに使うと青かびの風味が一段と引き立ちます。

 

ハチミツやドライフルーツとの相性も良く、個性の強いピカンテを食べやすくしてくれます。

 

ブルーチーズって美味しい!と感じられるようになってからオススメしたいチーズです!

 

ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)の詳細を見てみる

 

 

食べやすさ第5位:ロックフォール

ゴルゴンゾーラ、スティルトン、そしてこのロックフォールが世界三大ブルーチーズと呼ばれる、世界で愛され続けているブルーチーズです。

 

ロックフォールの特徴は、無殺菌の羊乳から作られることで生まれる独特の風味とコク、そしてしっかりと入った青かびのピリッとした刺激です。

 

世界のブルーチーズ好きが愛してやまないその個性的な味わいは、ブルーチーズ初心者にはかなり強い印象を与えるでしょう(;´∀`)

 

ドレッシングやソースに少量加えるだけでも、ブルーチーズの風味と塩味がしっかりと感じられます。

 

そのまま食べるなら、はちみつ&甘口ワインは必ずご用意を!ナッツ系も合いますよ。

 

ブルーチーズ大好きさん、ブルーチーズ上級者さんにオススメの、「これぞブルーチーズ」と言えるチーズです!

 

ロックフォールの詳細を見てみる

 

 

以上、ブルーチーズの食べやすさランキングでした~!

 

下位のチーズは美味しくないということでは決してなく、むしろブルーチーズの味を覚えたらぜひ食べていただきたい個性あふれるチーズ達です。

 

いろんなブルーチーズを試して、お好みのものを探してみて下さいね(*´▽`*)♡

 

ブルーチーズに関するこちらの記事も、あわせて参考にしてみて下さい♪
↓↓↓
ブルーチーズの楽しみ方とは?7種類のチーズごとに解説!
ブルーチーズの美味しい食べ方!ワインのお供にもぴったり♪

 

 

絶対に食べたいチーズランキング!

スポンサーリンク

Fatal error: Cannot redeclare is_mobile() (previously declared in /home/users/0/main.jp-214544e5970b7a27/web/cheese-senka/wp-content/themes/refinesnow2/functions.php:1073) in /home/users/0/main.jp-214544e5970b7a27/web/cheese-senka/wp-content/themes/refinesnow2/functions.php on line 626