エポワスを徹底解説!

 

エポワスの解説ページです!

 

 エポワスの基本情報

チーズの種類:ウォッシュタイプ
原料:牛乳
産地:フランス
熟成期間:2~4ヶ月
形:円盤形
大きさ:<小さいもの>直径9.5㎝~11.5㎝、高さ3~4.5㎝、重さ250~350g
   <大きいもの>直径16.5㎝~19㎝、高さ3~4.5㎝、重さ700~1100g

スポンサーリンク



 

 

 エポワスの歴史

美食家ブリア・サヴァランも認めた個性あふれるチーズ

エポワスは15世紀頃、フランスの修道士が作り始めたチーズが元になっていると言われています。

 

当時はアルコールでチーズの表面を洗う製法で作られており、その製法が修道院に雇われていた農婦たちに伝わり、更にその娘に伝わり改良が重ねられ、現在のエポワスの元のチーズになったんだとか。

 

その当時から人々のエポワスへの関心は非常に高く、19世紀にはパリに届けられ、「美味礼讃」の著者である美食家ブリア・サヴァランに「チーズの王様」と絶賛される程でした。

 

また、かのナポレオンもエポワスと地酒の組み合わせをこよなく愛していたそうです。

 

現在でも「ウォッシュチーズの王様」と言われる程の風味と味を持つエポワスは、チーズ通から絶大な支持を集めています。

 

 

エポワスの名前の由来

小さなエポワス村から生まれたチーズ

エポワスは、フランスのワイン生産地で有名なブルゴーニュ地方の北に位置する小さな村、エポワス村で生まれました。

 

前述した通り、美食家たちからも高い評価を受けていたエポワスですが、現在に至るまでにエポワス存続の危機が2度ありました。

 

一度目は、第二次世界大戦で農家が焼け、エポワスの生産者が激減した所を、エポワス村出身のベルトーという人物が懸命にエポワスの製造を進めたことで伝統的なエポワスの製法が守られました。

 

そして二度目は、1999年にエポワスの生産者の一人が作ったチーズがリステリア菌という病原菌に汚染され、これが原因で他国での輸入が停止したり、エポワス自体の生産が激減するという事態が起きました。

 

この騒動で、それまで無殺菌で作られていたエポワスは殺菌乳による製造へと切り替えることで、存続の危機を乗り越えました。

 

これらの危機を乗り越え、小さなエポワス村から生まれたチーズは、今や世界中で愛されるチーズとなっています。

 

 

エポワスの製造方法

マール酒で表面を洗う、贅沢な製法

エポワスの製造方法は、大まかに以下のような流れです。

①ミルクにリネンス菌を添加し、乳酸菌により凝固
②自然な状態で水切り
③型詰め
④乾いた塩をチーズにふりかけ、塩漬け
⑤一度乾燥室へ
⑥熟成室へ移し、塩水または真水で表面を洗う
⑦マール酒を少量混ぜた液で表面を洗う
⑧徐々にマール酒の濃度を高くし、最後は100%のマール酒で洗う 

 

見ていただいて分かる通り、とても手間のかかるチーズなんですよね(;´∀`)笑

 

マール酒はマール・ド・ブルゴーニュという、ブドウの搾りカスから作られる蒸留酒なのですが、これを洗うためだけに使うという贅沢さ!

 

ミルクの段階で加えるリネンス菌は、熟成段階で赤い色素を出し、エポワスの表面のオレンジ色はこれによる色です。

 

また、表面のねっとりした質感や強い風味も、このリネンス菌による働きで作られます。

 

 

 

エポワスの味の特徴

強烈な個性とクリーミーな中身のギャップ

エポワスの最大の特徴は、なんといっても表皮の強烈な風味

 

初めて食べる方はびっくりする程の強さですが、これがハマると抜け出せなくなる、クセになる風味なんですよ~(*´▽`*)♡

 

そしてその個性的な表皮とは裏腹に、中身を食べてみるとその優しい味わいに驚くと思います。

 

ミルクの甘さとクリーミーな口どけは、気品すら感じられる程の美味しさです!

 

 

 

エポワスの食べ方

夏は若め、冬は完熟トロトロを

伝統的なエポワスの製法で作られたものは、秋~翌6月くらいまでが旬です。

 

夏場は熟成の若いエポワス、冬は完熟してトロトロになったエポワスを味わうのがオススメです(*^-^*)

 

特にトロトロに熟成したエポワスは、スプーンですくえるくらいに柔らかく、中身はとってもクリーミーミルクの甘みが感じられて美味しいですよ~(*´▽`*)♪

 

意外にもフルーツとの相性が良いので、イチジクやプルーンなどと一緒にいただくと、これまた美味しい!

 

エポワスの風味に負けないよう、コンポートにするのもオススメです~( *´艸`)♡

 

 

エポワスに合わせる飲み物

製造にも使われるブルゴーニュと共に

製造方法の所でお話した通り、エポワスは表面をマール・ド・ブルゴーニュで洗って作られます。

 

なので、合わせるワインもやはりブルゴーニュのワインとのマリアージュがオススメです(*^-^*)♪

 

赤、白共に合いますが、エポワスの風味に負けないしっかりとした味わいのものを選びましょう。

 

エポワスの独特の風味を味わうなら、日本酒や焼酎もオススメですよ!

 

 

 

以上、エポワスをご紹介しました~(*^-^*)♪

 

食べてみたくなった方は、コチラをチェックしてみて下さいね♪
↓↓↓
チーズ専門店のエポワス

絶対に食べたいチーズランキング!

スポンサーリンク

Fatal error: Cannot redeclare is_mobile() (previously declared in /home/users/0/main.jp-214544e5970b7a27/web/cheese-senka/wp-content/themes/refinesnow2/functions.php:1073) in /home/users/0/main.jp-214544e5970b7a27/web/cheese-senka/wp-content/themes/refinesnow2/functions.php on line 626