チーズの種類

チーズたくさん

チーズと一口で言っても、いろいろな種類がありますよね。

 

日本でも簡単に手に入るようになったチーズですが、世界ではなんと1000種類以上ものチーズがあるんだとか!!

 

こちらのページでは、チーズの種類とその特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク



 

 

ナチュラルチーズとプロセスチーズ

チーズは、まず製造方法によって2種類に分けられます。

 

ナチュラルチーズ

まんまるチーズ

ナチュラルチーズとは、牛乳、山羊乳、羊乳などの原料となる乳に、酸や酵素を加えて凝固させ、発酵、熟成のみを行ったもので、熟成により風味が変化するのが特徴

 

乳酸菌が生きており、作り方によって様々な色や形、味、香りとなり、とてもバラエティ豊かです。

 

一般的なナチュラルチーズの作り方は、原料乳を加熱殺菌し、乳酸菌や酵素(レンネット)を加えてタンパク質を固め、これをカットして水分(乳清=ホエー)を出し、細かくして型に詰め、圧搾して水分を抜き、熟成させるという方法です。

 

かなり簡略化して書いてますが、もちろんチーズの種類によって作り方は全然違いますし、一つ一つの工程のやり方によっても全く違うチーズになります。

 

ナチュラルチーズは乳種、製造法、熟成期間、外観などから更に7種類に分類することができます。(詳細はこのページの下部でご紹介します!)

 

 

プロセスチーズ

スライスチーズ

プロセスチーズとは、ナチュラルチーズを1種類、または数種類を粉砕、加熱して成形したものを指します。

 

ナチュラルチーズに比べると、風味が安定していて保存性に優れている点が特長です。

 

私たちが食卓でよく使う「スライスチーズ」や「切れてるチーズ」などは、このプロセスチーズの仲間です。

 

ただ、チーズの本で取り扱われるのはナチュラルチーズがほとんどですし、おしゃれなレストランで出てくるのも決まってナチュラルチーズなので、プロセスチーズはちょっと地味な印象、というのが実際の所かもしれませんね(;^ω^)

 

また、「プロセスチーズ」という言葉は、プロセスチーズの消費量が多い日本やアメリカではよく使われますが、ヨーロッパではチーズ=ナチュラルチーズを指すので、あまり使われない言葉なんだとか。

 

 

 

ナチュラルチーズの種類

ナチュラルチーズは上でも述べたように、更に7種類に分類することができます。

 

フレッシュチーズ

モッツァレラチーズ

フレッシュチーズは、熟成させないタイプのチーズ

 

チーズを作る工程の第一段階(原料乳に乳酸菌やレンネットを加え、固めて脱水)で完成させるもので、出来立ての風味が楽しいチーズです。

 

ヨーグルト状のものからモチモチッとした食感のものまで様々ですが、総じてクセがなく、柔らかく水分を含んでおり、ミルク本来の味が楽しめます。

 

代表的なものとしては、モッツァレラチーズ、マスカルポーネ、クリームチーズなどがあります。

 

フレッシュチーズの詳細のページへ

 

セミハードチーズ

オランダチーズ

セミハードタイプのチーズは、プレスして水分の量を38~48%にした比較的硬めのチーズで、長期保存が可能。

 

熟成期間は1ヶ月のものから8ヶ月以上熟成させるものまで様々。

 

プロセスチーズの原料となることも多く、私たち日本人となじみ深いチーズでもあります。

 

代表的なものでは、ゴーダチーズ、チェダーチーズなどが有名。

 

セミハードチーズの詳細のページへ

 

ハードチーズ

エメンタールチーズ

セミハードタイプのチーズよりも更に水分を抜き、32~38%まで水分を少なくしたもので、チーズ自体にはほとんど柔らかさはなく、硬いチーズ

 

熟成期間は6~10ヶ月くらいのものが多いが、種類によっては更に長く熟成させるものもある。

 

じっくりと寝かせるため、深いコクとうまみが魅力。

 

代表的なものは、パルミジャーノ・レッジャーノやミモレット、トムとジェリーでおなじみの大きな穴のあいたエメンタールチーズなどがあります。

 

ハードタイプチーズの詳細のページへ

 

 ホワイトチーズ(白カビチーズ)

ブリーチーズ

その名の通り、表面を覆う白カビが特徴のチーズ

 

表面に植えつけた白カビが内側に向かって熟成していき、熟成が進むにつれて表面は赤茶色の斑点が出て来て、中身はトロトロで柔らかい食感になる。

 

カビのタイプのチーズは敬遠される方も多いですが、白カビのチーズはクリーミーでマイルドな口当たりのものが多く、意外にクセも強くないので、チーズ初心者でも美味しくいただけます。

 

代表的なものは、カマンベールチーズや、チーズの王様と呼ばれるブリー・ド・モーなどがあります。

 

ホワイトチーズ(白カビチーズ)の詳細のページへ

 

ブルーチーズ(青カビチーズ)

ブルーチーズ本物

白カビタイプのチーズとは反対に、青かびを内側に植えつけて中から熟成させるタイプのチーズ

 

カビの熟成には空気が必要なため、外に向かって青かびが広がり、カットすると大理石のように美しい模様になります。

 

使う青カビの菌はチーズの種類で異なりますが、総じて塩味が強く、ブルーチーズ独特の強い香りがあります。

 

独特な風味と味は、クセになる人も多く、チーズ好きな人には一度は食べていただきたいチーズです。

 

代表的なものには、ゴルゴンゾーラや、フランスの伝統的なチーズであるロックフォール、エリザベス女王の大好物として知られるイギリス生まれのスティルトンなどがあります。

 

ブルーチーズ(青カビチーズ)の詳細のページへ

 

 ウォッシュチーズ

しわしわチーズ

熟成過程で外皮を塩水や蒸留酒などで何度も洗い、表面から熟成させていくことから「洗う=ウォッシュ」でウォッシュチーズと呼ばれます。

 

熟成が進むと表皮は濃いオレンジ色になり、中は柔らかくクリーミーになっていきます。

 

表皮は香りが強いですが、中身はマイルドでしっとり、深い味わいが魅力です。

 

個性的なチーズが多いため、通向きのチーズと言えるかもしれません。

 

あまり日本人にはなじみのないチーズのタイプですが、秋冬限定のトロトロチーズのモンドールや、個性的な味わいのエポワスなど、ハマると抜け出せない、クセになるチーズです。

 

ウォッシュタイプチーズの詳細のページへ

 

 シェーブルチーズ

ヤギチーズ

シェーブルとはフランス語でヤギのことで、その名の通り山羊乳を原料に作られるチーズ

 

シェーブルチーズの歴史は古く、元祖ともいえるチーズで、熟成が若いものは爽やかな酸味があり、熟成が進むにつれて風味とコクが増します。

 

山羊は春から夏までが搾乳期間なので、この季節が旬ですが、現在では年間通して需要があるため、1年中作られています。

 

山羊特有の風味が強いため、チーズ好きの間で根強い人気があるチーズです。

 

これもまた日本ではあまり聞かない名前の種類が多いですが、そのカタチから「エッフェル塔」の愛称で親しまれているプリニー・サン・ピエールや、コロンとした形状が可愛らしいクロタン・ド・シャヴィニョル(ちなみにクロタンとは「馬糞」の意味です…笑)などがあり、個性豊かなチーズが揃っています。

 

シェーブルタイプチーズの詳細のページへ

 

 

どのチーズから食べようか迷っている方へ

こちらのページでは、チーズの種類についてご紹介してきましたが、どのチーズから試してみようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方は、まずはいろんな種類のチーズが少量ずつ入った、お試しセットから始めてみてはいかがでしょうか?(*^-^*)

本格チーズが初めての方でも食べやすく、そして本当に美味しいチーズばかりが入ったおすすめのセットです♪

 

きっと、チーズの魅力に目覚めてしまうと思いますよ~(*´▽`*)♡

 

⇒ 本格派チーズおためしセットの詳細はコチラから♪

 

 

↓↓ チーズランキングはコチラ♪ ↓↓

チーズランキング

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク